ダイハツのハイブリッド復活、ロッキーにハイブリッドモデルの追加[e:SMART]もちろん、トヨタ版のライズにも

遂にハイゼットカーゴハイブリッド以来のダイハツオリジナルのハイブリッドカーとしてロッキーにハイブリッドモデルの設定がなされました。
もちろんこれまでもトヨタからの普通車のOEMとしてまんまトヨタ車なモデルはあったものの、ダイハツらしいリーズナブルで万人向けなものはありませんでした。
それがこの度、マイルドハイブリッドではなく、いっぱしの2モーターハイブリッドを積んだROCKEY e:SMARTが登場しました。
非ハイブリッドモデルとの差額は約30万円程度。



今後はトールやその兄弟車、そしてエンジンサイズは違うものの、軽へも同様のシステムが展開されることは想像に難くありません。

ハイブリッドモデルは前輪駆動のみ。4WDが欲しければ1LTurboの純ガソリンモデルかヤリスクロス?

ロッキーのハイブリッドはヤリスクロスよりも安い、約211万円~のプライスタグがついている上に実用的です。
新開発の直列3気筒1.2Lエンジンはボアストローク比からして今までも設定されていた1.0Lダウンサイジングターボエンジンとは異なる新開発。搭載されているモーターは出力、トルク共に純ガソリンモデルよりも👆
が…ヤリスクロスには設定されている都市四駆的な4WDのようなものも現在のところは設定されていません。

その点を期待するならがこれまでもあったガソリンエンジンモデルを選択するかはたまたヤリスクロスかとなるかもしれません。

え?今すぐダイハツのエンブレムのついたハイブリッドの4WDが欲しい?
ならアルティス一択ですね(∩´∀`)∩

これは紛う事なき珍車だ。ダイハツ・アルティスに4WDモデル追加。

これってトヨタのTHS?

”2モーターハイブリッドの元祖”といえばトヨタのTHSが思い浮かびますし、トヨタの子会社であるダイハツが2モーターハイブリッドを追加したら、そのお下がりかとも思ってしまいますが、全く別のシステムとなっています
どちらかといえば日産のe-POWERに近いので、安価かつ燃費効率からこのシステムになったのでしょうね。

言うまでもなく、ロッキーのトヨタ版であるライズにだけTHSが積まれているなんてこともありません。

エンジンで発電してモーターで駆動する2モーターハイブリッドでマイルドハイブリッドとは決別したe:SMART。
では、高速度域でのエンジン直結でエンジン+モーターの力を同時に使える?

答えは”NO"
すでに市販車で他メーカーの2モーターハイブリッドとしてホンダのe:HEVや三菱のPHEVのハイブリッド走行時のように高速走行時だとエンジンで発電するより直接動力を伝えた方が効率がよく、さらにエンジン出力+モーターの出力といった”おまけ”的な使い方もできるのですが、コスト重視だからかロッキーのハイブリッドにはこの機構はありません。

やはり日産のe-POWERに近いですね。

ROCKEY-e:SMART 4WDはどっちの方式になるかにも期待

今後、ロッキーのハイブリッドに4WDが追加されるとしたら、これまでのガソリン車のように前輪から後輪へと向かってドライブシャフトを介して動力を伝達する方式とリアに別の駆動用モーターを搭載する方法が考えられ、この価格帯ならどちらがでてきても多くの人に支持される”正解”でしょう。


[PR]無料の自動車保険一括見積もりサービス


┌┐
└■ 自動車保険は比較で安くなる!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
自動車保険は保険会社によって保険料が異なります!

保険料は、車や走行距離、事故暦や、等級、免許証の色、
乗られる方の年齢等々によって計算されます!

そのため・・・

「常にこの保険会社が安い」という事はありません。
みなさんの状況によって、一番安い保険会社は異なります!

そこで

複数の保険会社から見積もりを取れば、
自分に合った一番安くてお得な保険会社がわかります!

★比較するなら一括見積もりが便利★

☆保険の窓口インズウェブの自動車保険一括見積もりなら☆
☆最短5分で最大20社に一括見積もりができる!☆