注目したい点が多いハイゼットの17年ぶりのフルモデルチェンジ

2022年1月11日

アトレー、ハイゼットバン、ハイゼットトラック同時にフルモデルチェンジ/マイナーチェンジ

17年ぶり!ということでハイゼットのフルモデルチェンジ(トラックはマイナーチェンジ)はこれまでの小変更ではなく、DNGAプラットフォーム採用で運転支援装置も他の乗用モデルと遜色ないものとなった上に刷新された点も多くある一方、マイルドハイブリッド等の電動化とは相変わらず無縁です。

このハイゼット系の車はスバル・サンバー トラック/バンやトヨタ・ピクシス トラック/バンのOEM元なのでそちらも同様に更新されるはずです。乗用版のアトレーはダイハツでしか選べない😞

 

 

4速ATはバンかトラックかを問わずすべてCVTに

今までと一番大きく変わったところはここでしょう。
4速AT、3速ATといった多段ATは一切排除され、新たに開発されたFR用のCVTに統一されました。4速より上の多段ATは軽自動車に搭載するのはサイズ面で難しいようで、負荷がかかる貨物やスズキ・ジムニーであっても4速AT止まりでした。
カタログ上の燃費もMTより上なのでもう軽トラのATは”地雷”とか”走らない”といったイメージは過去のものになるでしょう。
なお、ギア比から判断するとこのFR向けCVTは多段ATの5速相当、つまり新しいハイゼットはMTだろうとCVTだろうとギア比に大差は無いようです。

でも、私有地で荷台に米袋を山積みするような使い方をするような過積載だとCVTは耐えられるのか(・・?と疑問に思う方も稀にいらっしゃるかもしれませんが、そういったユーザーはハナからMTを選ぶと割り切っているのだと思いますし、現実的にもクラッチ機構が追加されているのでCVTのベルトに過度な負荷がかかる前に何とかなるのでしょう。

アトレーにデッキバンも設定


ハイゼットバンの乗用版がアトレーです。

アトレーにCVT?ホンダ・N-VANみたいに駆動方式はFFベース?
いえいえそんなことはありません。ちゃんとFRのままですし、FRベースの4wdも設定されています。
今までの放置ぶりが噓かのように4ナンバー化され、今までは商用限定だったデッキバンも設定されました。

アトレー デッキバンはターボ×CVTの組み合わせのみなので、MTが選びたければハイゼット デッキバンの方を選ぶしかありません。

ターボ×MTの組み合わせはできない

以前できたMT×ターボ×4WDみたいなマニアックな組み合わせはできない('Д’)

なお、スズキのエブリイには既に同様の組み合わせができないため、商用の軽のバンで前述の組み合わせの車が欲しければ中古車で見つけるしかありませんね。


[PR]一番安い自動車保険がわかる!

┌┐
└■ 自動車保険は比較で安くなる!
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  自動車保険は保険会社によって保険料が異なります!

   保険料は、車や走行距離、事故暦や、等級、免許証の色、
   乗られる方の年齢等々によって計算されます!

           そのため・・・

   「常にこの保険会社が安い」という事はありません。
   みなさんの状況によって、一番安い保険会社は異なります!

           そこで

     複数の保険会社から見積もりを取れば、
   自分に合った一番安くてお得な保険会社がわかります!

      ★比較するなら一括見積もりが便利★

☆保険の窓口インズウェブの自動車保険一括見積もりなら☆ ☆最短5分で最大20社に一括見積もりができる!☆