キャッシュレス決済の還元事業は今月末にて終了。7月以降はどうする?

昨年10月から始まった還元事業も後半はコロナ禍の影響を受け、キャッシュレス決済各社はキャンペーンを縮小

キャッシュレス還元事業が始まってからしばらくはクレジットカードの新規発行、電子マネーQUICPay、スマホ決済のキャンペーンなどで20%還元が続いてくれてキャッシュレス決済の普及は一気に進んだ感があります。
一方で3月ごろからのコロナ禍の深刻化と共に各社ともキャンペーンを控える傾向となり、基本の還元率も下がることも稀ではなく、その期間中に還元率が良かったのはd払いだったのではないかと思います。

では7月以降はどうなるか?というとコロナ禍が去って経済活動の高まりに期待するほかはない…つまり、よくわかりません。

ただ楽天PAYのように比較的容易に還元率が1.5%になってくれるところもありますし、d払いは利用度によって普段の還元率はもっと上を狙えます。

 

スマホ決済の還元率が下がってきているので人によっては高還元率クレジットでチャージしたプリペイドカードの方がより多くのお店で使えるので合理的でしょう。

現状をみるに7月以降も還元率が良いと言えるのはd払い、楽天PAY、高還元率クレジットカードでチャージしたプリペイドカードのいずれかではないかなと。

マイナンバーカードを持っているならマイナポイントを。まだ持っていない(通知カードから先に進んでいない)けれどマイナポイント還元を受けたいなら急いで手続きを。


詳しくは公式ページに譲るとして、9月からどれか1つのキャッシュレス決済方法について還元率25%(還元の上限額5000円相当、つまり期間中利用額2万円で頭打ち)の還元事業が始まります。
7月から利用申し込みが始まるものの、マイナンバーカードの発行がまだの方はすぐ申し込んだとしても1,2ヵ月の期間を見た方が良いのでマイナポイントの恩恵に与りたい場合は急ぎましょう。
どれか1つなのでよく使うもので申し込むということで問題ないかと。