電子マネーnanacoにクレジットカードからチャージできるのはセブンカード・プラスだけ!なセブンカード・プラスをみてみる


表題の通り、今現在電子マネーnanacoにクレジットカードからチャージするために新たに紐付けできるのは実質セブンカード・プラスだけとなりました。
セブンカードでもできますが、セブンカード自体は実質イトーヨーカドー用クレジットカードみたいなもので新規発行をおこなっておらず、(ゴールドカードのセブンカードも同様)気にする必要はありません。
当サイトをご覧の方はご周知の通り、電子マネーnanacoはコンビニエンスストアのセブンイレブンにて公共料金等の支払いに使えるため、実質的には税金を支払ってポイントゲット!ができます。要はセブンイレブンで支払えるというバーコードのついた支払い票があるなら、他社のクレジットカードの支払い票でもなければ大体nanacoが使えますし、公共料金等の支払い自体には何のポイントも付かないけれどnanacoチャージしたときに元のクレジットカードでポイントがつけばお得だというハナシです。

もちろん、かつては高還元率クレジットカード→高還元率プリペイドカード→nanacoみたいな図式が出来上がっていましたが、こんなとことんポイント何重取りみたいな方法はサービス改定が相次ぎ、終いには2020年にnanacoと新たに紐付けできるのはセブンカード・プラスだけになりました。
そのため、セブンカード・プラスの還元率0.5%といっても、つくだけありがたいという要素があります。

今現在nanacoカードに紐付けしてあるものはそのままクレジットチャージできるので、還元率的にnanacoカードに紐付けされているクレジットカードが、誕生月に5%OFFにできるゲゲゲの鬼太郎カードJCBだったりするならばまさに宝物です。
仮にnanacoと紐付けされているクレジットカードがnanacoチャージはできるものの、ポイントは一切付かないものであっても、その利用額がクレジットカードの各種キャンペーンの利用に活用できるので、要は使い方次第だと思います。

ここでは唯一、新規でnanacoにチャージ元として紐付けできるクレジットカードである、セブンカード・プラスをみていきます。

還元率は0.5%と至って普通。

基本的には利用額200円につき1nanacoポイントがつきます。

セブンアンドアイ系列のお店では1%と倍増しますが、これはほとんどの場合nanacoチャージで0.5%還元、そのチャージしたnanacoをお店で使ったときに0.5%還元、合わせて1%還元となるので基本的には変わりありません。往々にしてnanaco支払いでポイント何倍!ということをやっているので常にはnanacoチャージして使うのが吉かと☺

”毎月8のつく日は、イトーヨーカドーでのお買い物が5%OFF”というのもnanacoカードでOK👌

貯まったnanacoポイントの有効期限は「当年4月1日から、翌年3月末日までに加算されたポイントは、翌々年の3月31日まで」と少し変わったものではありますが、端的に言えばポイント獲得から1年と次に3月末を迎えるときまでということです。

nanacoポイントが消滅してしまうのは毎年3月末なので、毎年3月には貯まったポイントを残高にチャージしてしまいましょう。

カードブランドはJCBかVISA。MasterCardやAMEXは一切なしでカード券面をディズニーにしたければJCB一択。

どのカードブランドにするかは併用するスマホ決済やプリペイドカードで使えるかが多分に占めると思います。

迷ったならVISA😀

なんかこのカード、タッチ決済のアイコンが無いような(;´∀`)

nanaco一体型かそれとも後で自分でnanacoと紐付け設定をする紐付け型にするか?

まだnanacoを持っていない、あるいは細かい設定が面倒だったり、カード枚数が増えることを嫌うなら一体型、既に何らかのnanacoカードを持っているなら紐付け型が良いでしょう。

とことんnanacoチャージでゴールドカードを目指せる!?~セブンカード・プラス(ゴールド)は珍しい年会費無料のゴールドカード

自分からは申し込めず、インビテーションが送られてきたときにようやく申し込めるのが、ゴールドカードたるセブンカード・プラス(ゴールド)です。

どうすればインビテーションが送られて来るかといえば、その条件は明示されていないため、様々な予想が各所でされています。基本的には普通のセブンカード・プラスの年間の利用額が一定以上であれば良いので、nanacoチャージによるものでも達成は可能なようです。

年間で100万以上税金を支払う人物が年会費無料のセブンカード・プラス(ゴールド)を欲しがるか?と聞かれてもそれはわかりませんね(;^_^A

さて、普通のセブンカード・プラスとゴールドカードのセブンカード・プラスの違いは単純にいってクレジットカードで買ったものの瑕疵を保証してくれるショッピングガード保険の有無でしかありません。
還元率やチャージ上限額が異なったりはしていないようです。

年会費無料のゴールドカードといえば他にはイオンカードがあげられます。