ついにエクリプス クロスにプラグインハイブリッド仕様を拡充!”エクリプスクロスPHEV”

2020年12月23日

ビッグマイナーチェンジでより大胆になったエクリプス クロス、エクリプス クロスPHEV

今回は見た目でも分かりやすく”大胆”になりました。一番変わったのはマイナーチェンジ前のヘッドライトの位置にあるのは細目のヘッドライトなのではなく、ポジションライトです。つまりヘッドライトはその下のフォグランプともども下の位置にある、つまりは三菱の最新のデザイン言語に合わせたものになっています。
今回はこれまで通りのガソリンモデルがあるところにさらに待望のPHEVモデルが追加されました。
ガソリンモデルは1.5Lのダウンサイジングターボと8速CVTが組み合わせられるのに変更はありません。
気になるPHEVですが、アトキンソンサイクルの2.4Lエンジン(NA)と前後2つの駆動用モーターに13.8kWhの駆動用バッテリーが組み合わせられます。つまりはまんま現行アウトランダーPHEVのパワートレーンそのものです。EV走行距離も同じ。
なんだ…同じか…と思うかもしれませんが、これまでのアウトランダーPHEVのイヤーモデルによってはオプションだったものが軒並み装備されている点は評価すべきでしょう。細かなところで言えばサンルーフが2列目もあるところやガソリンモデルのアウトランダーでは選べてPHEVのアウトランダーでは選べなかったブルーのボディカラーもあるなどより充実しています。そして多少なりともアウトランダーPHEVよりボディサイズはコンパクト。
来年フルモデルチェンジするアウトランダーPHEVは、エクリプス クロスPHEVの登場に前後してマイナーチェンジしてギリギリ400万円弱のエントリーグレードは無くなっていることから、今後、三菱のPHEVのラインナップはよりエントリーモデルをエクリプス クロスPHEV、より高価格帯をアウトランダーPHEVとして棲み分けるのでしょう。

クリーンディーゼル仕様は残念ながら廃止

残念ながらマイナーチェンジ前にはデリカD:5と同様のクリーンディーゼル×8速AT×4WDの組み合わせが選べる貴重な車種でしたが、電動化の流れには逆らえない様でラインナップからは消えてしまいました。
今後、環境性能や高トルクあるいは安い燃料代などの付加価値を求めの方には”PHEV”!ということでしょう。

RVR、エクリプス クロス、アウトランダーの違い

これらのSUVはどれもCセグメント相当でオフローダーというわけでもないので他社のようにボディサイズごとにラインナップされているものに比べれば違いはそれぞれのガソリンモデルは200万円台だったということもあって分かりにくいかもしれないのでオマケで書きます。
なお、タイヤサイズに至ってはこれにデリカD:5を加えても225/55R18、スタッドレス21570R16で全く同じだ。
RVR:実用性重視のSUV。今となってはオプションマシマシの軽ハイトワゴンと同価格帯の200万円台でCセグメントのSUVが手に入る。4WDも本格的。ショートストロークの1.8LのエンジンはNAで古典的といってもいいぐらいかもしれませんが、もはや他社にはない個性でしょう。
エクリプス クロス:1.5Lダウンサイジングターボ搭載で装備を充実させたクーペスタイルのSUV。RVR+50万円の上質感。エクリプス クロスPHEVはアウトランダーPHEVよりも低価格帯からラインナップ。
現行アウトランダー:ガソリンモデルは7人乗り(実質5+2)PHEVはその3列目が丸ごと荷台スペースで充実の積載量。何よりもスゴイのは日常生活で使う走行距離をEV走行で賄えるのが現実的になったまともなPHEVとして2013年から市販されている点。次期型はエクリプス クロスとの兼合いでよりデカくなるかも?

アウトランダーPHEVのフルモデルチェンジは来年早々に

市販PHEVの元祖とも言えるアウトランダーPHEVのフルモデルチェンジは2021年2月発表。エクリプス クロスにアウトランダーPHEVと同じパワートレーンを採用したことから、気になるのは同じパワートレーンで低価格化を図るのかあるいはバッテリー容量の増加、より高いシステム電圧、より高出力のモーターを積むかどうか。
また、純ガソリンモデルはオミットされるのかといったところですね。