度々かわる楽天SPU。今回は楽天モバイル半減👇楽天ひかり追加🆕でトータルは変わらず。

2020年3月3日

やっぱり10月からのSPU変更は一癖あり。SPUに楽天Pasha追加。の時に次に楽天SPUが変更されるとすれば…楽天ひかり?と予想していました。
書いた後になって、楽天Payの方じゃないか?の思ったりしましたが、なんと的中しました。( ゚Д゚)
こういっちゃなんですがあまりうれしくない方もいらっしゃると思います。
なにせ今まではMVNOで元から基本料金の安さと楽天会員であればさらに割引されるうえに、楽天市場ではSPU+2倍と他のSPU対象サービスの+0.5倍のものより一気に倍率が上がりましたものね。
残念ながら4月1日からSPUにおける楽天モバイルの倍率は+1倍と今までの半分になり、そのぶん新たに楽天ひかりが+1倍となってトータルではSPUの最大倍率は今までと変更はありません。

なお、既存の楽天ひかりユーザーにとって今まであった毎月200ポイントもらえることもなくなったことも微妙に改悪です

楽天モバイルがMNOとして自前の回線を使ったサービスの本格開始が4月になるでしょうから、それに並行して他社と同様にスマホ回線と家庭の光回線もセットで楽天経済圏に取り込みたい思惑があるものと思われます( ^ω^)

やっぱり10月からのSPU変更は一癖あり。SPUに楽天Pasha追加。



詳細は4月1日発表でも今、楽天ひかりのSPU内容を予想してみる。

楽天ひかりは家庭用光回線についての契約です。いわゆる光コラボです。

普通のフレッツ光の回線とプロバイダの組み合わせと光コラボは何が違うの?と思うかもしれませんが、これは携帯電話で言えばMVNOのようなもので、NTTの光回線をプロバイダの会社が借りて一体化し、お得なサービスを提供している形態です。

そのため気になるのは家族に楽天市場ユーザーが複数いる場合、SPU対象となってポイント倍率が上がるのは光回線を契約した本人だけかあるいは複数人かということ。

結論から申し上げますと楽天ひかりのSPU紹介ページに以下の記載から家族複数人が楽天ユーザーであってもSPU+1倍の恩恵に与れるのは1人だけのようです。

※SPUのポイントは楽天ひかりをお申し込みされた楽天IDに対し付与。楽天IDログインを行わずに楽天ひかりをお申し込みされた場合、ポイント受け取りのためには付与月の前月末までに楽天ブロードバンドメンバーズステーションにて楽天ポイント口座の登録が必須。

 

還元上限も10000ポイント/月(ダイヤモンド会員)とかほとんどの人にとっては気にすることではないものが設定されると思われます。



やっぱり10月からのSPU変更は一癖あり。SPUに楽天Pasha追加。

これを機に楽天ひかりにするのはアリか?

今現在家庭用光回線を選ぶ目安は月額料金IPv6対応で通信速度が速いかの2つだと思います。

月額料金については戸建て場合、月額4800円(税抜)でほぼ最安の部類に入り、キャンペーン中は月額2000円引きで最初の1年間は月額2800円(税抜)となります。マンション向けはもっと安い。さらに毎月楽天スーパーポイントが200ポイントつくという特典も。→毎月200ポイント付与はなくなり、SPUにまとめられました。

注意点としては3年契約であるため、最初の1年間は月額2000円の割引があったとしてもそれ以降は4800円(税抜)で残り2年間を経過する前に次に移ると契約解除料9,500円が発生すること。これは2年か3年の違いこそあれ、縛りがあるのはどの業者でも同様です。

 

 

気になるのはIPv6対応ですが、現在のところ過去にSANNETで提供していたものを除けばIPv6対応はしていません。

そのため他のフレッツ光、光コラボのIPv4と同様に20時から24時ぐらい、ひどければ夕方から最悪数Mbps程度の下り速度になることが予想されます。下手をすれば下り1Mbpsでスマホ回線より遅いということがあり得ます。

じゃあダメじゃん((+_+))と即断するのは尚早で、👇にあるように楽天ひかりでは今年6月からIPv6対応を開始するようで、これが始まれば他のIPv6対応の光コラボと大差ない速度を叩き出すでしょう。

「楽天ひかり」
IPv6高速インターネット接続サービス
提供開始予定のお知らせ

お客様各位

平素は楽天ひかりをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

楽天ひかりでは、かねてよりご要望の多かった次世代通信規格IPv6高速インターネット接続サービスを2020年6月のサービス提供開始に向けて準備を進めております。

次世代通信規格であるIPoE/IPv4 over IPv6方式を採用したこのサービスでは、通信速度が低下する傾向にある夜間や休日なども、より快適にインターネットをご利用いただけます。

2020年6月のサービス提供開始に向けて、鋭意準備を進めておりますので、サービス開始まで今しばらくお待ちいただきますよう、お願い申し上げます。

■ 対応予定サービス
楽天ひかり ファミリープラン
楽天ひかり マンションプラン

■ IPv6利用料
追加利用料なしでご利用いただけます。

■ 開始予定時期
2020年6月
※開始予定時期は変更となる可能性がございます。

■ ご利用開始方法
後日、あらためてご案内させていただきます。

※上記のサービス詳細は変更される場合がございます。

まとめると料金面では安い部類に入る一方、今年6月のIPv6対応開始までだいたい20時から24時までの速度低下を気にしない、あるいは我慢できるならコスパは良好です。
もちろんNURO 10Gやauひかり 10GあるいはCATVの10Gをご契約中ならそちらの方が速度は速いでしょうし、オンラインゲーム等レイテンシーについて気にしなければならない場合には敢えておススメはしません。
しかし、ちょうどひかりコラボの乗り換え時期だったり、フレッツ光から光コラボに変えたいときに、楽天市場の利用額が大きいほど楽天ひかりを検討する価値はあります。

 

 

もしかしたらMNOとしての楽天モバイルの料金発表が3月にあるのでそれに合わせてさらにサービス発表があるのかもしれません。



ただ、楽天SPUを気にしない(≒そもそも楽天市場をあまり利用しない)場合、北海道、首都圏、東海、近畿、北九州にお住まいでしたら、NURO光 2Gps等フレッツ以外も推したいところではあります。