RVRが購入できるのは4月まで 日本市場向け終了

どうやらコンパクトSUVの三菱・RVRが4月で日本市場での販売を終了するようです。😱
生産終了ではなく国内販売の50倍ぐらい売れている海外向けは国内工場での生産は継続されるらしい。

TRAILパッケージを装着したRVR
TRAILパッケージを装着したRVR
2024年現在にみるRVRの魅力は登場時のフラッグシップモデルであるアウトランダーをそのまま小さくしたようなところにあり、コンパクトでもある程度のデカさがあるところ。

その他の特徴を挙げると、

  • 今時珍しい1.8Lのショートストロークエンジン:4J10
  • 同セグメントに設定されるものに比べて本格的な4WDシステム
  • 最後のマイナーチェンジで使いされたラリーアートパッケージTRAILスタイリングパッケージ
  • 特別仕様車「BLACK Edition
  • BLACK Editionでオプション設定のあるパノラマガラスルーフ(LEDイルミネーション/UVカット機能付)
  • BLACK Editionでオプション設定のあるロックフォードフォズゲート プレミアムサウンドシステム (DTS Neural Surround™、9スピーカー

のように、今となってはマイナー車でもこんなに良心的に選択肢が残されているのかと驚きます。

つまり、とことん安定板となったRVRを今しかできないオプションマシマシで欲しいなら公式発表を待たずにお急ぎを😝

RALLYARTパッケージを装着したRVR
RALLYARTパッケージを装着したRVRはボディカラーが濃灰でも目立つ

さしあたって日本市場でのRVRの後継はエクリプスクロスのガソリンモデルなのでしょうが約277万円~とエントリグレード中のエントリグレードのような存在はなく、ダウンサイジングターボエンジンやクーペスタイルのSUVといったプラスαの要素がありつつもRVRと比べて+50万円弱と比較的高価。
一方でエクリプスクロスPHEVの一番安いモデルは約410万円でも補助金55万円込みの実質価格にすると約355万円なので電力新料金プラン「おひさま昼トクプラン」[※九州電力エリア]の1kWh約13円で運用できる地域ならば確かにこちらはバーゲンプライス。
長い間200万円以下のエントリグレードがあったRVR
長い間200万円以下のエントリグレードもラインナップされていたRVR