久々の楽天SPU倍率アップ↝は朗報…か


久々の楽天SPU倍率アップ↝は朗報…か


楽天のサービス利用度により楽天市場でのポイント付与率が変化する楽天SPUですが、ここ最近はいわゆる改悪と呼ばれる変更が続いていたものの、12月からは楽天モバイル契約者向けに倍率アップされ、「楽天市場のお買い物がポイント最大16.5」とこれまでの最大15.5倍から引き上げられました。

楽天SPUの公式サイト

一見すると楽天モバイルの契約でこれまで会員ランク別に+1~+3倍されていたのが誰でも+4倍といっていいほど簡略化されて倍率も上がったことは嬉しいことのように見えますが、一方で月間獲得上限が変更前の対象プランと会員ランクに応じて異なる5,000~7,000ポイントから一律に変更後は2,000ポイントと下がってしまっています。
これがどういうことかというとこれまではダイヤモンド会員の場合、ひと月の楽天市場の利用額が23万3千円程度で7000ポイント付与されていたのが、今後は5万円で2000ポイント付与されたあとはうま味がないといったように還元額の頭打ちがすぐさま起こってしまう感じです。ただ、楽天市場のライトユーザーにとっては単に改善かもしれません。

また、Rakuten最強プラン以外の「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」「コミコミプラン」といったMVNO的なサービスプランは残念ながらSPU対象外となってしまいます。

そして一番影響があるだろうという変更点ですが、今回のSPU変更は楽天モバイル関連だけではなく、ほぼすべてのSPUの月間獲得上限が下がっています。

そのため、今回のSPU倍率変更により、かつてはひと月当たり100万円程度の楽天市場の利用額まで還元の上限を気にしなくて良かった場合でも、変更後はひと月あたり10万円程度の利用で既に還元の上限にあたってしまうと考えた方がよさそうです。10月の買い回りキャンペーン時にも還元額の上限が引き下げられているのでそれが今後も継続されるかどうかはわかりませんが、楽天市場でふるさと納税をする場合には上手く分散させるのがコツなのかも。

今回の変更は楽天モバイルの魅力度アップという側面よりもふるさと納税対策という気がしなくもありませんね。

[PR]
楽天モバイルは、楽天スーパーポイントが貯まる!使える!