成果物置き場[BLOG]

自分で作った成果物の置き場や備忘録など。

自動車

モーターショー前後は新発売が多いね。トヨタ・C-HRにGRモデルとMT追加とホンダ・フリードのマイナーチェンジで外観一新。

投稿日:

なんだかんだ言ってもモーターショー前後は各メーカーに動きがあってワクワクさせてくれます(‘ω’)
もちろん市販車でも動きがあります。

C-HRにGRやMTモデル追加。



GRはハイブリッドとガソリンエンジンの両者に設定。いつものGR顔へ。
もちろんトヨタの2モーターハイブリッドにMTが選べるわけもなく1.2Lターボ×6速MTで4WDではなくFFの組み合わせ。
つまり、カローラスポーツ、カローラセダン、カローラツーリングと同様でFFかつダウンサイジングターボとマニュアルトランスミッションの組み合わせになっています。

いち早く市販モデルからMT搭載モデルを減らしていったトヨタが、他社もATだらけになっている現在になって新たなMT搭載車を登場させている構図はGRなどのスポーツカーを拡充しているところと相まって面白いところだと思います。

フリードはデザイン一新も、1モーターハイブリッドはそのまま。



運転支援装置のホンダセンシングを全車搭載してマイナーチェンジされた7人乗りコンパクトミニバンのフリードと5人乗りのフリード+。
ノーマルのフリードはちょっと事象があって販売休止中のN-WGNやその影響を受けて販売開始の遅れが出ている4代目フィットのようにシンプルなデザインで、一方では今回新たに登場したSUV風のクロスターもあります。

クロスターはSUV風なので車高が上がったりとかそういったことはありません。
SUVがオフローダー風とすればオフローダー風であるものをさらにどことなくそれを感じさせるものといったものになってしまいますが、ともかくクロスターはアクティブなライフスタイルを表現しているのでしょう。

ただ、これほど見た目は変わった一方中身は4代目フィットに採用される2モーターハイブリッドのe:HEV(イーエイチイーブイ)は採用されていません。

とらえ方によっては最も成熟してこなれた1モーターハイブリッドだとも考えられるので、フルモデルチェンジ後はi-mmdになるか4代目フィットと同様にe:HEVのどちらになるかは分かりませんが2モーターハイブリッドになる前の1モーターハイブリッド×7速DCT×4WDの他社にはない組み合わせを選べる最後のフリードなのでしょう。

2モーターハイブリッドやホンダeのような完全な電気自動車はもうちょいお預け(;´д`)

-自動車
-, ,

執筆者:

関連記事

スズキ・クロスビー発売/トヨタ・アルファード、ヴェルファイア、マイナーチェンジ。

12月25日に軽自動車のスズキ・ハスラーの兄貴分にあたる普通車のスズキ・クロスビーが発売されました。 クロスビー | スズキ  3 users 5 pocketsクロスビ …

今年発売された中で一番よくわからないクルマ、ダイハツ・ミラトコット

6月下旬にダイハツから新しくミラトコットが発売されました。 www.daihatsu.co.jp  888 shares 2 users 7 pocketsミラ …

平成最後の新車、トヨタ・RAV4復活。

かつてホンダ・CR-Vとトヨタ・RAV4はライバル車種でよく売れたSUVだったものの、双方とも一時的に日本市場から消滅しました。 しかし、新型CR-Vが再び登場し、平成最後のいまになってRAV4が復活 …

約10年で”マイナー”チェンジ、三菱・RVR。

予告もなく?注目もなく?三菱・RVRがマイナーチェンジして発売されました。 www.mitsubishi-motors.co.jp  2 usersRVR | 乗用車 | カーライ …

ダイハツ・タント/タントカスタム、フルモデルチェンジでN-BOXに勝つか?

ダイハツの軽スーパーハイトワゴン、タントが今日からフルモデルチェンジされて発売されました。 OEM先はスバル・シフォン/シフォンカスタム。 www.daihatsu.co.jp  8&nbs …

[広告]

  • 現在時刻
2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Translate »