スマホ決済の普段の還元率はどう?キャンペーンなしの状態を比較。

10月から消費税が増額されてキャッシュレス決済に否応なしに注目せざるを得ないところですが、その代表例であるスマホ決済も10月になったことでだいぶ変わりました。
特に基本の還元率

ここでは各社のスマホ決済のキャンペーンが一切ないときの比較をやってみたいと思います。
基本の還元率だけなら街のお店の場合、楽天Pay、高還元率クレジットカードでチャージしたKyashを支払い元にしたOrigami Payあたりが高順位になるようですが、結局は20%還元のようなデカいキャンペーンのある方に流れるものなのでしょうね(*‘∀‘)

PayPay:0%/1.5%(ヤフーカード)

PayPayの街のお店でどこでも20%還元キャンペーン再び。※10月5日(土)の一日だけ。


10月5日はPayPayを使えるお店ならどこでも20%還元だったので大盛況だったようですね。相変わらずシステムは不安定になったみたいですが。

現状ではスマホ決済の勝者と化しているPayPay。
その還元率はついこの間までは3%。それより前は0.5%でした。
他社と競って同様の倍率にしていたようで、10月からはヤフーカードまたはATMなどからチャージしたPayPay残高による支払いは1.5%還元、そうでない支払い元はまったくの0%です。

PayPayの街のお店でどこでも20%還元キャンペーン再び。※10月5日(土)の一日だけ。


そもそもヤフーカード以外との相性は良くないので各種カードとのポイント多重取りを目指すにはPayPayは向いていないのかもしれません。

d払い:0.5%(街のお店)/1%(ネットのお店)


絶賛20%還元キャンペーン中でウォレット機能も新たに追加されたのd払い。

\(^_^)/またd払いで20%還元キャンペーン‼!※還元上限額に注意。


d払いは街のお店では0.5%、ネットのお店では1%還元です。

また、各種ブランドのクレジットカードを利用できるためカードについて悩む必要はありませんし、ネットのお店利用時は支払元のカードにKyashなどのプリペイドカードも設定できるので、クレジットカード→プリペイドカード→d払いのポイント3重取り、+加盟店のポイントまで狙えるかもしれません。

Origami Pay:3%(支払元が金融機関口座)/1%(クレジットカード・デビットカード)


9月末まではどこでもそのばで3%OFFでなおかつ支払元に還元率2%のプリペイドカードであるKyashをとうろくできたため、!%の還元率のクレジットカード利用分も含めて全体で6%還元を常に実現できていました。

しかし、10月からは金融機関口座のみ3%でカードは1%となってしまったため、またKyashの還元率も半減してしまったことで全体で3%ぐらいの還元率が目安となります。

楽天ペイ:5%(ここしばらくずっとキャンペーン中)

https://pay.rakuten.co.jp/

キャッシュレス・消費者還元事業」の対象外店舗でもポイント5%還元キャンペーン中なので楽天Payが使えるところならしばらく常に5%還元、支払元のカードが楽天カードなら更に1%追加されます。

そのため普段の還元率は以前の0.5%のままかどうかキャンペーンの終わりを待つほか知るすべはないので他との比較では5%とするほかありません。
上限還元ポイントは1回あたり25,000ポイントとなっています。

今後追加されるSUICAの機能についてはまた別にお伝えすることがあるかもしれません。

メルペイ:0%

後払いの枠はユーザーのメルカリ利用度によって左右されるみたいです。

基本の還元率なんてあったもんじゃありませんが、よくクーポンがあるのでそちらを利用すれば他の決済方法より有利かもしれません。

au Pay:0.5%/1.5%(auスマートパス会員)

8月末あたりからauではなくても使えるようになったau Pay。
しかしながら最大の還元率になるにはauユーザーであることは必要なようです。

Fami Pay:0.5%


ほぼファミリーマート専用Payなので気にすることはないかとも思いますが、ポイントカード×ファミマTカードをお忘れなく。

Line Pay:0.5%~2%(ユーザー利用実績による)


Lineポイントは12月にnanaco、dポイント等に交換できなくなることはご存知ですか?

さて、Line Payは前月の利用実績により0.5%刻みの4段階の還元率となっています。最大の還元率にするには毎月10万円以上の利用する必要があります。

クレジットカードからチャージできない以上、普段の還元率では他社に軍配が上がりそうです。

ゆうちょPay:0%

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=
https://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/sokin/yuchopay/kj_sk_yp_index.html)

期待すべきは還元率ではないのでしょうね。