トヨタ・カローラ、フルモデルチェンジでセダン、ステーションワゴン、ハッチバックが出揃う。

2019年9月19日

本日カローラセダンとカローラツーリングが発表されたことで約1年でカローラシリーズがグローバルモデルとして日本市場でも出揃いました。
相当若返りを図ったみたいですΣ(・□・;)

今回からは3ナンバー

予告されていた通り、車のサイズも(価格も)大きくなり3ナンバーのグローバルモデルが導入されましたが、日本仕様についてはわずかながら小さくしてあります。
後席とラッゲージは先代よりわずかながら狭い⁉

これまでのカローラは5ナンバーかつ日本の道路事情に最適化された車でしたのでグローバルモデルとしてちょっと性格が変わったかな(・・?とも思いましたが、3ナンバーのプリウスがそこらじゅう走っている今となってはまさに今更気にすることではないのでしょう。

ハイブリッドだろうがガソリン車だろうが1.8Lエンジン。1.2Lダウンサイジングターボは2WDのMTのみ。

ハッチバックのカローラスポーツでは1.2LとCVTの組み合わせがありますが、カローラセダン、カローラツーリングにはその組み合わせはありません。
とにかくカローラ≒1.8LエンジンorMT+1.2LTurboとなってしまいました。

4WDはハイブリッドでしか選べない。

先代のカローラはハイブリッドでは4WDを選べなかった気がしますが、今回は真逆。ハイブリッド車でしか選べない( ´艸`)
しかし、カローラのE-Fourで使われている後輪のモーターは5.3[7.2] kW[PS]でプリウスと同じ生活四駆としての性格が強いです。
そのため、もし後輪にもっと大きなモーターが欲しいならRAV4が適任なのでしょう。

リアはみんな大好きダブルウィッシュボーンサスペンションだ。

そこ注目する?とも思われるかもしれませんがトーションビームではありません。
多分プリウスと同様に走行性能、乗り心地の向上とともにハイブリッドシステムの位置を最適化し、低重心化を実現しているのでしょう。

カローラアクシオ、カローラフィールダーは規模を縮小して併売。

ここまでガラッと変わると今までの5ナンバーで1.5Lエンジンの車が欲しけりゃもうアクア等の小型車しかないのか?となるかもしれませんが、トヨタなりの配慮?で旧型も選べるグレード、カラー等が少なくなって併売されています。単純に言えば社用車向け。
これは3代目プリウスが発売された時の2代目プリウスがプリウスEXとして売ってたときみたいですね。

なんでもいいから一番安いカローラが欲しい場合、先代の方が安い150万円台からとなっているのはトヨタの良心ですね。

  • カローラアクシオ
  • カローラフィールダー