ダイハツ・タント/タントカスタム、フルモデルチェンジでN-BOXに勝つか?

2019年7月16日

ダイハツの軽スーパーハイトワゴン、タントが今日からフルモデルチェンジされて発売されました。
OEM先はスバル・シフォン/シフォンカスタム。


今回は気合が入ったフルモデルチェンジで新プラットフォームDNGA採用で一新し、車としての性能も上がって最新の運転支援装置も付いたところで、N-BOX一強の市場でどれだけ評価されるか注目です。

注目すべきところは運転支援装置やデザインあるいはすごくスライドする座席よりも新開発のCVT”D-CVT”かもしれません。
DはDualのDでCVT+ギアを使うのはトヨタのダイレクトシフトCVTを連想させますが、そちらは発進時が直結ギアでその後CVT(ベルト)。
対してD-CVTは高速側で遊星ギアを使い動力を分割伝達させ、ベルト→ギアへと無段階に変速します。

で結局はノイズも抑えられ、伝達効率とレシオカバレッジを広げ、高速域でも多少、燃費が良くなるのでしょう。

N-BOXに勝てるか?はほぼユーザーの好みによるところが多いので7月18日だかに発売されるN-WGNのフルモデルチェンジで軽市場は賑わいを見せるのはず。