ENEOSの新しい決済ツール”ENE KEY(エネキー)”はENEOSセルフSSで使えるSPEED PASS(スピードパス)。

2019年7月16日

モービル、エッソなどのガソリンスタンドがすべてENEOSになると決まってから約2年たち、エッソはENEOS JETだったりするものの、ほぼすべてENEOSに変わったのではないでしょうか?
もうそこら中エネオスだらけですね。

統合前のエッソにはスピードパスというキーホルダー型のクレジットカードを登録しておいて決済するものがありました。
ENEOSに変わってそれがなくなるのかどうか心配でしたが、7月からEneKeyでほぼ同様のサービスが始まりました。
ENEOSのセルフサービスのSSならどこでも使えるのがメリット。
EneKey

エネキーってなに?


スピードパスと同じようにキーホルダー型の決済ツール。
クレジットカードを登録しておくことで、簡単便利かつお得に給油できます。
これで給油時はEneKeyをタッチするだけで決済が済み、なおかつガソリン価格も安値設定アリ。
もしEneKeyが最安価格でないのなら各店舗ごとのプリペイドカード等が最安かもしれません。
発行は各ENEOSのセルフサービスのSS店頭にて。
EneKey

Tポイントカードと紐づけ出来てわざわざカードを持ち歩く必要なし。

貯まるのは200円(税抜き)に対して1ポイントですが.。。

気になるエネキーに登録するクレジットカードはどれが良い?"(-“"-)"

確かにENEOSでの給油が多いならエネオスカードもありだが。。。

ENEOSで給油するのだから一番お得なのはエネオスカードだろうと思ってしまいますが、エネオスカードは3種類ある上、ENEOSでの利用額が大きくなければそこまでメリットは大きくありません。
また、エネオスカード自体もそう変わり映えしません。

どのENEOSカードにすべきか?

現実には特別提携カード?

ENEOS利用時にクレジットカードの獲得ポイントが何倍かに増えるのが特別提携カードらしいのですが、数は多くありません。

  • 楽天カード
  • dカード
  • TS CUBIC CARD
  • JALカード
  • ANAカード
  • ビューカード
  • レクサスカード
  • セブンカード/セブンカードプラス
  • ポイント倍率はカードによって異なるので、一概にこのカードが一番!ということは言えませんが、この中で敢えて選ぶとすればビックカメラSuicaカードのような高還元率ビューカードかな(・・?とは思います。
    ただ結局は給油量がたかが知れているならわざわざ新しいクレジットカードを用意するより、手持ちのものを利用した方が簡単で便利でしょう。
    EneKey自体も使いやすさが売りのようですし。