PayPayの6月はドラッグストア、7月はランチタイムの飲食店で最大20%還元。どこで使う?

2019年6月8日

[速報]PayPayあげちゃうキャンペーン終了。


第2弾のあげちゃうキャンペーンが終わったPayPayはヤフーカード利用時で常に3%還元と毎月お店のジャンルごとに最大20%還元(達成できる条件はあげちゃうキャンペーンとほぼ同じ)のワクワクペイペイキャンペーンを押し出してきました。
例えば6月ならドラッグストアなのでウエルシアなど全国的に使えるお店は多く、ディスカウントストア的に使えば今回のキャンペーンは利用し甲斐があるでしょう。6月8日からはマツモトキヨシでもPayPayが使えるようになります。

ヤフーショッピング、ヤフオクでもネット上でPayPayが使えるようになったうえに7月からはセブンイレブンでも使えるようになり、PayPayが使えるお店は日々増えているようです。

7月のワクワクペイペイは「ランチタイムの飲食店」、「ソフトバンク・ワイモバイルショップ」


今回は飲食店で11:00から14:00限定という制限があります。お店によって前払いか後払いかによって会計する時間、食事する時間帯も考えとく必要あり。

PayPayはチェーン店ではない飲食店でも多く採用されているので、対象のお店自体はたくさんあるはず。
しかし、全国的に展開している飲食店でなおかつランチタイムとなると候補は限られてきます。

では、PayPayチャンスというやたら当たるくじの後継で1回につき最大1000円相当戻ってくるのを最大限活用することを考えてみましょう。

すると、この時間帯でなおかつ全国的に展開していてお得に利用できそうなお店は(・・?というと牛丼や定食の松屋か回転寿司のかっぱ寿司あたりでしょう。

なお、今回のキャンペーンの時間設定ですと松屋ではソーセージエッグ定食(400円)で有名な朝定食やかっぱ寿司では食べ放題(60分1580円+税、男性の場合)の時間帯を見事に外しています

一方でソフトバンク、ワイモバイルのお店は9月末までと長いキャンペーン期間なので、ちょうど買い替えの時期と重なったりして利用する人も多いでしょう。

PayPayの最大20%を実現するにはヤフーカードとソフトバンク、ワイモバイルユーザーかヤフープレミアム会員であることが必須だ。