成果物置き場[BLOG]

自分で作った成果物の置き場や備忘録など。

自動車

どっちもファイナルエディション。三菱・パジェロとトヨタ・マークX。

投稿日:2019年4月30日

平成最後の車に関するビッグニュースは同じ日に発表された三菱・パジェロとトヨタ・マークXのファイナルエディションについてでしょうか。

パジェロ FINAL EDITION
 
パジェロ FINAL EDITION | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/pajero/final_edition/index.html
パジェロ FINAL EDITION

パジェロ現行モデルは途中でMTモデルや3DRのショートがなくなったりはあったものの、5ATのままで大きな変更もなく国内販売だけ終了、
国内販売が700台の限定モデルを最後として、その後の輸出向けの国内製造は続けられるそう。

ファイナルエディションが「買い」かどうかというと、ちょうどパジェロをフル装備の全部乗せで買いたかった人には最適。グッズもあるし。
ランサーエボリューションXのファイナルエディションみたく、これはランサーエボリューション10.5だみたいな変化はないでしょうが、最も熟成されたパジェロといいって良いでしょう。

パジェロスポーツが国内導入されるのは望めないとしても、7人乗りSUVのPHEVがモーターショーで発表されているので、ラダーフレームのことは置いておいてこちらに期待(´ω`*)

一方でこちらは生産自体が終了でファイナルエディションが発表されたトヨタ・マークX。


リーズナブルなFRセダンとしてはトヨタの良心ともいえる存在でエントリーグレードなら300万円を切る。
ファイナルエディションは250Sグレードの2WDor4WDと売れているグレードに設定されたお買い得モデルのようなので、ホントに安いFRセダンを新車で求めるなら250G “F package”2,656,800円の方かもしれません。
今となっては軽自動車にオプションつけて余裕の200万円越えをすることを鑑みれば、格安。しかも、トヨタΣ(・□・;)
2L直4+6ATで余計なモーター、リチウムイオンバッテリーや運転支援装置の類を積まない最後の車かな(・・?

なお現在はGRにも展開されているマークXですが、新車でMTは選択できません
マークⅡからの系譜はここで終了となりますが、後継はFFでもいいならカムリ、FRならクラウンかレクサス・ISということなのでしょう。

マークXの3Dシミュレーター

-自動車
-,

執筆者:

関連記事

ダイハツ・タント、フルモデルチェンジでN-BOXに勝てるだろうか?

ダイハツ・タント/タントカスタム、フルモデルチェンジでN-BOXに勝つか?

ダイハツの軽スーパーハイトワゴン、タントが今日からフルモデルチェンジされて発売されました。 OEM先はスバル・シフォン/シフォンカスタム。 www.daihatsu.co.jp  8&nbs …

ひさびさに再登場、ホンダ・CR-V。

ひさびさに再登場、ホンダ・CR-V。

8月31日にホンダ・CR-Vがフルモデルチェンジで日本市場に復活しますが、もうWEB上では公開されています。 www.honda.co.jp  29 shares新型「CR-V」を …

三菱・エクリプスクロス、ついに発売開始。

3月1日になり、ついに三菱自動車からエクリプスクロスが発売されました。 三菱の新車らしい新車はアウトランダーPHEV以来な気がします(^^ゞ エクリプス クロス  14 share …

今年一番イメージが変わるのはトヨタ・カローラかもしれない。

6月に新登場したトヨタ・カローラスポーツ(海外ではカローラハッチバック)ですが、要は今までのオーリスの後継です。 toyota.jp  11763 tweets 21946&nbs …

平成最後の新車、トヨタ・RAV4復活。

平成最後の新車、トヨタ・RAV4復活。

かつてホンダ・CR-Vとトヨタ・RAV4はライバル車種でよく売れたSUVだったものの、双方とも一時的に日本市場から消滅しました。 しかし、新型CR-Vが再び登場し、平成最後のいまになってRAV4が復活 …

[広告]

  • 現在時刻
2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Translate »