ターボ×4WD×MTという組み合わせが新しく選べるようになった、Mazda・CX-5とその特別仕様車。

2019年1月13日

ニュースリリースにある通り、今日マツダ・CX-5のマイナーチェンジに伴い、ガソリン車に2.5L直噴ターボが設定され、さらにはディーゼル車にマニュアルトランスミッションの設定が追加されました。


なんてニッチな需要にこたえてるんだ(゚д゚)!

これにより、ディーゼルエンジンには必然的にターボがついているので、
この記事のタイトルの通り、「ターボ×4WD×MT」という好きな人にはこれ以上ない組み合わせの車が、この2018年に誕生しました。さらにいえば、クリーンディーゼル。

一方で、Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)というCX-5の特別仕様車も同時に設定されましたが、なんとこれにもマニュアルトランスミッションの設定があるのです。
CX-3にはなかったのに…

これでマツダで同様の組み合わせができるのは、アテンザセダン、アテンザワゴン、CX-3そして今回のCX-5の4つにまでなり、選択肢が大きく増えました。

○o。(ターボ×4WD×MTならボンゴがあったじゃないというのは今回、置いておきます。)