前触れ無く予想外?に登場した、ホンダ・クラリティPHEV。

2019年1月13日

20日にホンダからクラリティPHEVという車が発売されました。


クラリティと聞くと水素燃料電池自動車のクラリティ フューエルセルを思い出す方もいらっしゃると思いますが、クラリティPHEVは1.5Lガソリンエンジンを積んでいます。
見た目はクラリティ フューエルセルとほぼ一緒で採用されているボディカラーは一般的なホンダ車と一緒。
どうやらボディカラーと内装色の組み合わせは固定らしい。
駆動方式がFFであるのもクラリティ フューエルセルと一緒。

さてプラグインハイブリッドとして気になる燃費性能等の目安ですが、大まかに言ってEV走行距離114.6km、ハイブリッド走行の燃費は28.0km/L(JC08)らしいです。
2モーターハイブリッドのiMMDをベースにPHEV化されているようですが、驚きなのは100km越えのEV走行距離、160km/hを可とするEV走行速度そして588万円〜という価格。

国内メーカーで比較対象になる車種はトヨタ・プリウスPHVと今年2019年モデルとして変わる三菱・アウトランダーPHEVと
比較しても圧倒的です。無いものと言えば4WDぐらい?
今夏にはi-MMDと4WDを組み合わせたCR-Vが発売されますが、それと同様の4WDをクラリティPHEVに搭載すれば、まさに全部のせと行った感じです(゚∀゚)