ダイハツ・アトレー、ハイゼットカーゴ、フルモデルチェンジ。と、他社商用車のマイナーチェンジ。

2019年1月12日

11月13日にダイハツ・アトレーとハイゼットカーゴ(OEM先のトヨタ・ピクシスバン)がまとめてフルモデルチェンジしました。

それらをベースにした福祉車や特装車も同様です。
以前のモデルではアトレーはハイゼットカーゴとは別の外見をしていましたが、今回からは統一されています。
アトレーについてはFRが維持され、FFのウェイクと統合!なんてことにはなりませんでした。
ハイゼットカーゴについてもFFのウェイクをベースにしたハイゼットキャディも併売されています。

注目スべきは変な?ボディカラーが豊富であることと、5MTのターボモデルがあることでしょうか?
比較対象になるであろう、スズキ・エブリィにも5MTのターボモデルがあるのですが、色が白、黒、銀。
一方で、ホンダ・アクティやバモスプロにはターボ自体がありません。


トヨタ・ハイエースは一部改良。


安全装備が充実した他、ハイエース自体はそう変わりはないのですが、TRDのオプションパーツにオフロード風のものが追加されました。
キャブオーバーでオフローダーの見た目は、今となっては新車でライバルはいないかも?

スズキ・キャリィにも変更がありました。

スズキ、軽トラック「キャリイ」を一部仕様変更して発売


注目すべきは全機種に運転席・助手席SRSエアバッグと4輪ABSを標準装備でしょう。